Blog

ブログ

2021.03.24 目線の違い

三重県桑名市で介護・保育・看護の転職・派遣サービスを行う「株式会社アイゴット」です。

もうすっかり春らしい日が続いていますね!今回は個人的な内容です♪

最近はようやく暖かく晴れ間も続いていたので家族でなばなの里に出かけてきました。

感染もあるため、平日を狙っていったところ意外とすいており、娘もはしゃぎながら歩いてくれていました。

その時気づいたのですが、タイトルの「目線の違い」です。

娘はまだ1歳なので身長も1Mもありません。
そのため、チューリップゾーンに入ってもさほど喜んでおらず、親の私たちは「あれ?きれいだなぁ。とか思わないのかなぁ?」と思っていました。
そこで娘の目線で見てみるとチューリップの1列目しか見えてませんでした。
大人の身長もあれば全体の花の咲き誇る感じが見えているのですが、娘目線は1列目のみ。

「そりゃ、感動は薄まるよね。」と理解ができました。
娘を抱き上げた瞬間…「うぉ!!」っとニッコニコ!
見える目線で全く感じ方が違うのだと思いました。

そう考えると、車いすの人や子供たちの目線は低い。低いからこそ見える景色ももちろんあると思うと、いろんな目線で何事も見ていかないとなぁと思うことができました。

さらに言うと、ベビーカーを引いていると車いすの方や足が悪い方の悩みの種である「段差」にも敏感になっています。

「たったこれだけの段差でこんなに勢いが必要なのか・・・」とか「この道、平らに見えてガタガタしているなぁ」と感じることが多くなりました。

そう思うと、弊社の派遣スタッフさんが多く働く介護施設は本当いろんな人の目線で建設されているんだろうなぁと感心しました。
少し、目線を変えるだけで新しい発見と人の苦労が見えてきたりするので面白いですよね!
何事にも興味を持つことって大事ですね!たまたま行ったなばなの里で色々気づくことができた1日でした。

アイゴットTでした。

2021.03.12 伝えること

三重県桑名市で介護・保育・看護の転職・派遣サービスを行う「株式会社アイゴット」です。

昨日は3月11日、東日本大震災から10年が経ちました。

皆さんはどんな一日を送りましたか?

当時私は仕事中で事務作業中でした。東海エリアでは「結構揺れたなぁ。」という感覚でした。時間が経つにつれて津波の状況、地震の被害状況がわかり恐怖に変わったのを覚えています。

今も支援を必要としている人も多くいると聞きます。

何もできない自分がいるのですが
昨日は子供と一緒に震災の時間に黙とうしていました。

娘はまだ1歳なので「?」という状況でしたが、わかっていないかもしれないけれど震災のことを少し話ました。彼女はしゃべれないなりに座って聞いてくれていました。

「まだ言っても意味ないでしょ。」と思われるかもしれないけれど、私自身にとっても話すことでしっかりと伝えていくことは大事だと思ったんです。

東北には友人はいませんが、私は叔父を阪神淡路大震災で亡くしました。それもあり毎年この時期になると震災の映像が流れ胸が締め付けられます。昔、両親から叔父の話を聞かされていたこともよみがえります。中々震災のことをこのエリアの人で友人同士などで話すことは少ないかもしれないけれど、家族や職場で話て伝達し、将来の誰かのためになれればとも思います。

伝えることも大事ですが、今できることを考えることも大事です。だからこそ、備える重要性も理解しているつもりです。

いざ災害が起こると動揺して何ができるかわかりませんが、家族と避難所を共有したり、災害グッズの見直しをしたりすることも大事です!皆さんも備えをしっかりしていきましょうね!
派遣先にも避難グッズを扱う会社様もいらっしゃいます。「誰かのためになるものをつくる」って本当すごいですよね、頭が下がります。ありがとうございます!

震災後、東北5県を旅行したことがありますが、本当に素敵な場所です!
現地に行ってお金をおとして力にもなりたいですし、今はネットでも力になれることはいっぱいです!私も今年も宮城の牛タン、ポチっとしてます!笑

人それぞれできることは違うと思います。できる範囲でいいのでできることをやっていけるといいかなぁと思います。もちろんお仕事でもなんでも♪皆で3.11を忘れずつなげていきましょうね!

アイゴットTでした。

2021.03.01 今だから考える家族のこと

三重県桑名市で介護・保育・看護の転職・派遣サービスを行う「株式会社アイゴット」です。

こんにちは!アイゴットTです。

東海エリアもついに緊急事態宣言が解除されますね!

喜んでいいはずなんですが、何となく報道でも言われているように、また感染が広がってしまうのではないかと不安でもありますよね。

ただ、飲食業界などを思うと解除したほうがいいとも思いますし。医療状況を考えるともう少し後の方が、とも思ってしまいます。

中々世の中の意見を丸くまとめるのは難しいですね。

ただ、どの職種や年代を通して言えることは、前回のブログにも上げましたが個人の感染対策への意識だと思います。
皆さんで引き続き頑張りましょうね!

ここからは個人的なブログ♪
先日、1歳4か月を迎える娘がようやく靴を履いて外で歩けるようになりました!!
1歳を過ぎて急に急成長の娘に感動しっぱなしなんです。すみません親バカブログです。笑

まだ娘が生まれる前までは徒歩10分の距離は車を使ったり自転車に乗ったりしていて、ゆっくり歩くことなんてなかったのですが、歩いてみるとちょっとしたことで見えてくる景色が違うもんなんですね。

「こんなところに電柱あると邪魔だなぁ」とか「この家のお庭かっこいいなぁ」とか「この坂車じゃわからなかったけど急だなぁ」とか遠くまで見渡すようになりました。仕事で追われていると流れるように日が過ぎて行ってしまいますがちょっと足元を見ているのもいいものですね!にしても、自分の体力の低下に追いつけない…。

社長のように体鍛えないといけなですね;;
だれか子供をあやしながらの筋トレ方法おしえてください!笑

アイゴットTでした。

バックナンバーはこちら

2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 9月
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 7月
2019年 4月
2019年 5月
2019年 6月

お気軽にお問い合わせください

TEL 0594-41-4520


〒511-0904 三重県桑名市野田3丁目12-19 センチュリー2F